遺伝子組み換えがなぜダメか?


遺伝子組み換えがなぜダメか?

これから日本には、遺伝子組み換え食品がどんどん入ってくる危険性があります。

遺伝子組み換えとは?

簡単にいうと、

ある種の遺伝子に、他の種の遺伝子を注入するもの。

例えば、「光る豚」を作るために、ホタルと豚の遺伝子を組み合わせる等。

(気持ち悪い・・・)

 

また、遺伝子操作には「ゲノム編集」という、特定の遺伝子の働きを壊す技術もあります。

こちらは遺伝子の二重螺旋構造を切るという技術。

 

例えば、りんごの皮をむくと変色するからと、変色しないりんごをゲノム編集で作る技術があります。 

でもね・・・そもそもりんごは、変色することで酸化防止を防いでいるのです。

自然界には、ちゃんと意味があって自然の摂理が存在しています。

遺伝子組み換えやゲノム編集は、生命のバランスを壊す技術なので、絶対に取り入れてはいけない!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です