ファストフードに行きたいかーーー。その2。


こんちはっす。

 

前回「ファストフードに行きたいかー」を書きました。

今日はそのオマケ編。

まくだーなーる(マク◯ナルド)の人気サイドメニューの2大巨頭。
ナゲット氏とフライドポテト氏の登場です。

 

 

アメリカのYoutubeで、ポテトとナゲットの中に何が入ってるのか?何が使われてるのか?を工場まで出向いて取材した動画あったので その中から。2017年の動画。動画は一番下に貼っておきまーす。

 

 

この動画、全部見る必要はないけど 工場でどういう風に作られてるか?を逐一リポートしてくれていて、なかなかにシュールでしたわ。(ナゲットの最初の部分はマジで見ないほうがいいかも)

 

 

さて、そのナゲットさん。

ま、まぁ一応「チキンマ◯クナゲット」っていうネーミングからもわかるようにチキンではあるけど、、その中身たるやですよ。

 

 

 

*ナゲットの中身*
保湿目的:水、リン酸ナトリウム、加工でんぷん

 

 

味の強化(って何 笑):塩、天然フレイバー(笑、英語サイトで検索したけど中身わからず)、小麦でんぷん、デキストロース、クエン酸、酵母エキス

 

 

保存目的:ローズマリーエクストラクト、紅花油

********

 

 

へんてこりん添加物、思ったより少ない(笑)←そういう問題じゃぁないのですよ、ちほりん。

 

これのほとんどが遺伝子組み換えなんじゃないのか?っつー超グレーゾーン。

 

でんぷん、デキストロース、紅花油、→もうこれは完全に遺伝子組み換えと睨んでよいです ( ✧Д✧) カッ!! 酵母エキスも怪しい→合成保存料無添加です!の裏

 

 

遺伝子組み換え作物を使った食品っていうのも問題だし、一度工場で揚げたものを冷凍→お店でまた揚げる(超粗悪なやべぇ油)っていうのもなぁ、、。

 

完全に食べ物じゃないじゃん。

なんか金色っぽい油のカタマリ(笑)

 

 

しかもそこに謎のバーベキューソース or マスタードソースをつけて食べる、、(; ̄Д ̄)

あのソースも絶対に完全にヤバそうだものね、、。
と思って検索したら、、

果糖ブドウ糖液糖使っておったーーー!!(人工甘味料界のボス、遺伝子組み換えコーンからできてる)

 

 

わー、2度揚げしたナゲットにこれをつけて食べるのーーー??(; ̄Д ̄)

 

 

リアルホラー。

この夏、世界が震撼。

 

 

き、気を取り直してフライドポテトさん。

 

 

こちら一応、非遺伝子組み換えのジャガイモ(マ◯クのサイトにも明記されてます)で、ポテト100%とは言うものの、、、

ポテトを揚げたときに均一に黄金色になるようにデキストロースが使われていて、はいこのデキストロースは遺伝子組み換えコーンからできてる可能性大。

 

 

冷凍するときには、冷凍後に色が悪くならないように酸性ピロリン酸ナトリウムという謎の物質が使われておりまする。

 

 

 

食品添加物として認可されてるけど、食品添加物以外の用途だと革製品の汚れ除去、養豚場や屠殺場での肉の表面を綺麗する目的で使われてるそうです。

 

うぅむ。

 

 

たまーーーーーーーーーーーーーーに食べるとか、子ども達のお楽しみ会的なものなら仕方なしです。

 

 

 

が、こんなものばっかり食べてたら

おいしいもの。本当の味。

がわからなくなるではないかー。

 

 

ナゲットなんか食べなくても生きてゆける。と肝に命じておこうぜぃ。

これ大事。マザーハート検定2級問題です。(そんな検定はありませぬが覚えといてちょ)

 

(こんな動画をアップしてくれて せんきゅぅぅ!)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です