コンビニおにぎりを読む


えー、なんか横浜寒いんですけどー。

こんなんじゃオニギリ持ってピクニック行けないじゃないっ!!

 

 

今やピクニックやお出かけのお供にも重宝しているであろう存在、コンビニのオニギリを買ってきましたです。

 

 

いやー何がすごいって、最近のコンビニおにぎりの具の種類がとんでもねぃことになってますな。

オムライスおにぎり、、。
う、うまそう(ごくり。)って思っちゃったじゃないかーー!!

 

 

さて、某コンビニで買ってきたオニギリは、塩にぎりと梅おにぎり。

この2つが一番添加物とか少ないかなーと思いましてん。

特に塩にぎりなんて自分で作ったら、米と塩、以上。じゃんね。

 

 

梅おにぎりにしたって、塩むすび+梅と海苔。

 

塩にぎりの原材料↓

ご飯(国産米)、塩、pH調整剤、グリシン、炭酸Mg

ほう、、、。

 

 

 

あれ?
家で作ったら 米と塩だけだよね??

 

 

 

ちょ、何pH調整剤って。
グ、グリシン??
炭酸Mg(マグネシウム)だとーーー???

 

 

これは理科の実験なのか?

 

 

 

パッケージを開けて、匂いを嗅いでみたんだけどさ、、、

お米の香りがほんのり香ってきて「あら、意外とフツーじゃ、、」

からの〜

「おぇーーー(꒪⌓꒪)気持ちわるっ。なんか不快な匂いがする、、」

に速攻で変わりましたです。

 

 

なんとも言えないケミカル臭。

気分悪くなる感じの。

 

 

 

ちほりんは普段からいろんな匂いに敏感な方なので、匂いに鈍感な夫にも塩にぎりの匂いを嗅いでもらったら「あぁ、、。この米のあとの変な匂い気持ちわりぃ」と言ってましたん。

 

 

さて、この原材料。

今更ひとつずつを解説するのも無意味だなぁ、、と思うけど(今やこれらの添加物は何百種類・何千種類とあって かつ、何にでも入っているし、どの添加物もゲキ悪なので、、。ネットで調べればすぐ出てきますー)

 

 

 

pH調整剤(ピーエイチちょうせいざい or ペーハーちょうせいざい)は、いろーーーーーんな添加物(化学物質=石油由来)が混ざったものなので、どんなものが混ざっているのか?は食品工場側でわからないことも多いです。

そのpH調整剤を製造したメーカーに問い合わせないと、わからないってことです。

「pH調整剤 中身」でレッツ検索ちゃん。

 

 

名前のとおり、食品のpHを調整して傷まないようにするもの。

 

 

 

よく聞く都市伝説的な話で、コンビニめしばっかり食べてて孤独死した人の体はなかなか腐らない。っていうのがあるけど いやーあれってあながち真実なのかもなぁって思っちゃう。

だってpH調整剤をたくさんとってたら腐らなそうだよね、わしら(笑)←まったく笑えない。ブラックジョークにもほどがある

 

 

「グリシン」はアミノ酸の一種。(神経障害起こします。体の痺れや、体をうまく動かせないなど運動機能の低下。味覚障害を起こすことも懸念さてまする)

この塩にぎりでの使用目的は、ずばり「うまみ」だと思われまする。

あとは保湿目的でもあるのかなぁ。と。

 

 

まぁこの辺の作用機序とかは興味があったら「グリシン アミノ酸」とか「グリシン 保湿」などで検索してみてねん。

 

 

炭酸Mg(マグネシウム)なんだけど、うーむ。
これは何の目的で使われてるのか謎。
メーカーに問い合わせないとわかんないなぁ(教えてくれるのかどうか、、)

 

 

ちほりんの憶測だけど、米のふっくらさを保つとか、保湿、防腐効果、かなぁと思う。

まぁ、、必要のないものをオニギリに入れなくてよしですな。

 

 

と、ここまで長々書きましたが

添加物に対して、そんなに細かいところまで知る必要はナッシン。

「あぁ、添加物か。だめじゃん。神経障害起こすじゃん。じわじわ病気になるやつやん。買うのやめよう」と認識してたら間違いねぇです。

 

ちほりんが今すぐチューしにいきます(はた迷惑なので是非ともやめてください)

 

 

塩にぎり一つとっても「なんかヤバくね?」って感じだけど、気を取り直して

お次はほとんどの人が食べたことあるんじゃないかと思われる梅おにぎり。

しかも紀州南高梅っ!!

 

 

 

梅おにぎりの原材料↓

原材料:ご飯、しそ入ねり梅、海苔、塩、調味料(アミノ酸等)、酸味料、pH調整剤、グリシン、V.B1、増粘剤(加工澱粉)、野菜色素、香料、炭酸Mg

 

 

え(゚∀゚ )

なにこれなにこれ

意味わかんない。

ご飯、梅、海苔、以外に入ってるもの多すぎやしないかい(汗

 

 

添加物の多さに心折れそうだけど、、

ばばばっと説明するとですね、、

 

 

塩より後ろの調味料(アミノ酸等)からズラズラと並んでる添加物さんたち、自分ちでおにぎり作ったら増粘剤なんて入れないし、ましてや家にないよね??(味◯素ならある。とか言われたらどないしよう)

 

V.B1はビタミンB1のこと。
なんとなく大丈夫なんじゃないの?って思う人もいるかもだけど、ノンノン。

このV.B1は硫酸とか塩酸からできたもの(ひぃ)
保存目的で食品に使われます。

 

 

もうちょっと意地悪なツッコミをしちゃうとさ、ねり梅だってどんな梅?って思うわ、、。

農薬バリバリの海外で作られた人工的な梅?
赤色◯号的な着色料たっぷりかも?

とかさ、、、。

国産米って言ってるけど、産地どこ?農薬は?採れた年度はいつ?とか、、、。

 

 

 

ごめん、ほんとにこれじゃただの意地悪ばあさんだよね(; ̄Д ̄)

 

 

 

これは本当に食べ物じゃないなぁ。

こっちも一応匂いを嗅いでみたけど、海苔のにおいに全部持ってかれた(笑)

 

 

口が「*」ってなる梅の香りすらしなかったなぁ、、。

 

 

 

 

 

あ、そうそう。

コンビニおにぎりって「お湯に浮かべると油が浮く」っていうからさ、おにぎり2つとも、お湯に入れてみますたよ。

ちょっと光っててわかりづらいけど

すこーーーし油が浮いてたよ、、ははは(ボウルは実験前に洗ってあります)

 

 

 

これはオニギリ側が原因じゃなくて、おにぎり製造マシーンが原因。

 

 

おにぎりが機械から離れやすいように、機械に油を塗っておるのだねヾ(´∀`o)

その油、超粗悪っす(遺伝子組み換えコーンや大豆の油、酸化しまくりの安いシリコン油など)

 

 

塩にぎりもお湯に浮かべたら、ほんのり油が浮いてたけど こちらは写真にうまく写りませんでした。

 

 

ほんとにたまーーーーーに腹を満たすためだけに食べる場合は仕方ないけど、常食するのは控えてくんなましね。

 

 

 

どんなリスクが待ち変えてるかは誰にもわからないけど、ガンやアレルギーを始めとする 一昔前なら無かった病気が増えてることを忘れちゃならぬ。

 

 

 

コンビニのおにぎりだけが最悪なわけじゃなくて、全てにおいて私たち消費者の健康のことは考えておらんのだなぁ。と、心得るべし。です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です