春の(もう夏だけど)パンまつり


こんちはっす!

横浜、もう夏ぢゃないかー。
”初夏”っていう言葉は廃れてゆくのだろうか、、、

 

 

さてさて、
先日のマザーハートプロジェクト理事会にて、ちょろっと小麦の話になりますた。

 

 

うむぅ。

「小麦の害」については まだまだ知らない人もいっぱいいるのだねぇ。

全ての小麦が悪いわけじゃぁないけれど、世の中ぐるっと見渡せば あらまぁ小麦製品の多いこと。

 

 

スーパーやコンビニでお菓子コーナーを見てみてちょ。

ほとんどのお菓子に小麦が使われておる。(クッキー、ビスケット、クラッカー、、、ってそれ全部同じジャンル 笑)

原材料を片っ端から見てごらんよー。

煎餅にまで小麦が使われてたりするわよん(; ̄Д ̄)

 

 

パン屋さんも多くて、今はスーパーに併設のパン屋さんまであるしさ。

駅ビルに入ってるヴィ◯フランスの多さよ、、。←ヤマ◯キ製パンの子会社っす。

 

 

人気カフェの目玉はパンケーキやワッフルだったり、インスタ映えする写真も小麦もの率高め。

パンだけじゃなく、パスタやうどんのチェーン店も多いねえ。

惣菜コーナーには揚げ物(パン粉や小麦粉たっぷり使用)ガッツリだし、、。

 

 

この上述した小麦製品さんたちのほとんどが海外からやってくる輸入小麦。

ポストハーベストって言って、小麦に虫がわかないようにしたりカビが生えないように農薬ブシャーかけてますです。

はいもう恐ろしいぐらいの量をブシャーです。

(例えるならシャワーを浴びる感じ)

 

 

えーーっと、ここで今一度言っておきますと、農薬=石油ですよん(大事。忘れちゃいやん)

SE / KI / YU

わは。

 

 

大手メーカーのパン(ラン◯パックの会社とか、余計なものは入れない会社とか)のほとんどが海外の小麦。

 

 

スーパー併設のパン屋さんや、某巨大倉庫ストアのファミリーパックで売ってる冷凍パンとか。

コンビニスイーツもスーパーのお菓子も。

見つけるのが困難なぐらい、いろんなところに紛れ込んでおりまする。海外の小麦。

 

 

小麦そのものの成分”グルテン”が人体に合わないっていうのも明白なんだけど、こういう大量生産されてる小麦製品の場合は農薬ブシャー攻撃と、もう一つ忘れちゃいけねぃのが、遺伝子組み換えされた小麦(これも超大事。忘れないでぇぇ)

 

 

もうこのダブルパンチはヤバいとかそういう問題じゃなくて、食べ物じゃねぃ。

 

 

 

そんな食べ物じゃないのものを日常的に食べていたら、それは日々石油を体にためているっつーこと。

大げさでなく。石油は体にたまりまする。

遺伝子組み換えのヤバさも、全人類を使った壮大な人体実験中で、でももう変な病気も確実に増えておりますなぁ。

 

 

 

いつも言うように、いろんな問題が複雑に絡み合ってるから、小麦が悪い、食品添加物が悪い、薬やワクチンが悪い、、などなど一つのものを槍玉に挙げても仕方ねぃのですが、、、

 

 

今日は小麦の問題についてなので、あえて小麦だけに焦点をしぼりまする。

 

 

日常的に何かしらの形で小麦製品を食べてる人は本当に気をつけてくだされ。

 

 

どうしても食べたい!と言うのなら、自分で作るぐらいの気概を持つのじゃよ。

その際は、オーガニックの国産小麦(または出所やトレーサビリティがハッキリしている海外のオーガニック小麦)を使ってくだされ。

 

 

自分で作るの面倒くさいとか、そこまでパンを食べることはないけどたまには食べたい。っていう人はオーガニック小麦や国産小麦を使って天然酵母で焼いているパン屋さんで購入とかさ。

 

 

 

 

がっっっっ、

なんとなーくいつも調子悪い、

便秘や下痢をよくしている人、

疲れやすい・疲れが取れにくい、

薬を常用している人、

肌が荒れていたり吹き出物がしょっちゅう出てる人、

咳、

湿疹、

肥満気味、

気持ちが落ち着かない、

など「なーーーんか不調」とか気になる症状があって小麦製品をよく食べる人は、しばらく避けておくれでないかい(最低3ヶ月ぐらい徹底的に避ける)

 

 

ちょっとしたことでリスクは回避できますです。

その辺に売ってるパンやお菓子は絶対に買わねぇんじゃー!食べねぇぞーぃ!を実行することで、だいぶリスク回避になるですよ。

 

 

 

小麦(って言うか農薬&遺伝子組み換え)のヤバさを知らないで食べるのが一番ヤバい。

その時は症状が出なくとも、積み重なったときに「なんでこんなことに?」ってなるのが怖いんす(((( ;゚Д゚)))

 

 

 

 

ちほりん、精神薬でイカれてたころにダブ◯ソフトやラン◯パックのピーナッツバター、ミニ粒あんパン(全部ヤ◯ザキ製パンやないかーい!!)ばっかり食べてたけど、あの頃パンばっかり食べてたのは「精神薬でフラフラすぎて料理できない」って言うのは言い訳で、小麦の持ってる依存性に取り憑かれてたんだなぁ。って思うよ。

 

 

精神薬と小麦の総合格闘技で優勝ですな、わし(笑)

精神薬&へんてこパンのタッグマッチを連日やってたら、そりゃ調子悪くて当たり前じゃねヾ(´∀`o)栄養素どこ??的な。

 

 

そんな格闘家ちほも、今はほとんど小麦製品は食べないっす。

・パンを買うときはお気に入りのパン屋さんのものを、たまーーに食べる、

 

 

・パスタは1年に4回ぐらいとか(マジです。パスタを食べるお店も決まってます。これは年とってパスタの消化がつらくなったってのもある、、寂)→グルテンフリーな麺のパスタは食べますー。スーパーでもネットでも買えます(グルテンフリー、麺。で検索ぅ)

 

 

・蕎麦はなるべく十割蕎麦屋さんを探したり(見つからないときは更科的なとこでも食べますよー)、

 

 

たまに家でパンを焼くけど(ホームベーカリーが)、古代小麦を使いますです。

そんな感じでヤバそうな小麦を避けて、普段の食事も小麦はなるべく控えておりやす。

 

 

 

 

避けられるものは避けて、元気な体で楽しく生きてゆきましょうねん。

 

 

 

オマケ1:

小麦に含まれるグルテン。グルテンが多いとパンを焼くときにふっくらさせることができます。焼き菓子のふんわり感もグルテン。元々の小麦(古代小麦)はグルテンがそんなに無いので、綺麗に膨らまずパンを焼くには不向きなのです。それを人間側の都合だけで「パンが膨らむためにグルテンを増やす」とか、収穫しやすくするために小麦の背を低くくしたり、一つの穂から実がたくさん取れるように、、などの改悪をした結果がこの悲しい事実になっております。

小麦製品をよく食べるヨーロッパで「セリアック病」や「グルテン過敏」などが増えていて、パスタ天国イタリアでもグルテンフリー製品はたくさん販売されてます。

なので、グルテンの少ない古代小麦だとアレルギー症状が出ない人もいます。

 

 

 

 

オマケ2:

「小麦は避けてます!!キリッ」と豪語したちほりん、お出かけの用事が続いて連日クタクタゆえ お弁当を作る余裕がなく「まぁここのパンならマシだろう」っていう店で買ったパンを昼飯に食べました(国産小麦、ものによってはオーガニック小麦使用のパン屋)

はい、午後から喉の奥に粘液がたまって空咳が出ました。翌朝クシャミ連発、透明な鼻水ジュルジュルでした。

他の要因も考えられなくはないけど、これはほぼ昼飯のせいだろうなぁ(; ̄Д ̄)

だって、、、

だって、、、、

こんなもん食べたんだもん。衝撃の証拠写真↓

 

ちょ。

今まで偉そうに言ってきたこと台無し(笑)

せめてもの気休めにカットパインを買って先に食べてみましたヾ(´∀`o)

ちなみに写真上の棒みたいなパンは食べてないっす。

 

 

 

 

最後に一言

「パンは腹持ちわりぃなー」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です