コンビニ出店数と障がい児


こんにちは。

マザーハートプロジェクト代表の宮本ゆかりです。

私はよく社会問題(特に健康や食関連など)の講演会や勉強会に参加するんですが、どこでも言われていることは同じ!!

病気や障害を持つ人が増えている。

それは食が汚染されているから。

食の汚染の原因は、食品添加物、農薬、遺伝子組み換え。

 

もう、ほぼほぼ、この主張で一致しているんです。

そして、この主張を裏づける事例やデータは、講師の先生方によって様々あります。

つい先日聞いた話でショッキングだったのは、コンビニの出店数の推移グラフと、障がい児の増加グラフの曲線が一致していたこと!

つまり、コンビニで何かを買って食べるに連れて、障がい児が増えるということです。

子どもは食品の選択の自由がないから、本当に可愛そうです。

なのに、なぜ改善しない?

それは、われわれ国民が無知無関心で、便利歓楽を求めている。

そんな国民に合わせて、利益第一主義の企業が、安く大量生産できる毒入り食品を製造販売する。

もう、この二者の結託以外ありません。

 

だからね、せめて国民が1人でも多く早く気づくように、マザーハートプロジェクトの活動やってます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です