植物油脂と言ふもの


先日のマザーハートプロジェクト理事会で、菜種油は「行灯(あんどん)の油だったのだよー」ってなことがちょろっと話題に上がりましたん。

 

 

 

 

行灯ってこれね↓
時代劇に出てくるやつ。

画像は玉川大学教育博物館のサイトから借りました

 

 

ちほりん、日頃から「油には気をつけなはれやー」としつこく言ってるので油のお話をー(前にも書いてるかも?だがしかしっ、これからもしつこく書くわよーー)

 

 

 

先述したように、菜種油は江戸時代は行灯用の油で高級油。
とてもじゃないけど、食用に使うなんてところまでは行き着かなかったそうな。
(wikipediaでさえ菜種油が行灯の油として使われてたと掲載されとります)

 

 

 

その後、菜種の大量生産ができるようになって菜種油が食用油として普及するみたいなんだけど、ここはちほりんもガッツリ調べたわけじゃーござりません。(ネットの薄い情報)

 

 

 

さて、この菜種油(他の植物油脂も)マクロビをやっている方や、ヴィーガンスイーツを作る方にはおなじみだけど、うーむ。うーむ。うーむ。

 

 

やはり油に関してはマジでちょっと真剣に考えておくれでないかい。

 

 

 

なぜマクロビで菜種油が推奨されるのかはわからんのだけど(身土不二とかヘキサンを使った濾過をしてないっていう理由なのかな??)

 

 

 

菜種油やその他の植物油脂に対して様々な健康効果があるとも言われておりまするが

 

 

 

 

えーーっと、いやそこぢゃなくて

わざわざ油から”健康成分”を摂取しなくてもいいんじゃないかい??

 

 

 

 

 

そ、その油が酸化している油だったらめっちゃ本末転倒やーーん。

 

 

 

 

 

菜種油をはじめとする植物油脂(ココナッツオイル除く)は絞った時点から酸化スタート。

 

 

 

 

低温圧搾法で絞ったもの、遮光瓶に入ってるものもあるけど

はい、それ全部酸化してますよーー(泣)

 

 

 

 

ちほりん、菜種油を使ったこともあったけど、すぐ酸化してめっちゃ臭かったわー。(酸化したものが更に酸化したっつーことです)

 

 

 

 

そんな酸化した油を使って「体にいい」わけないよね(泣)

 

 

 

 

酸化が体にとってよくないって知ってるから「抗酸化」のものを食べたりするんだよね??

 

 

 

 

でも酸化した油を摂取してたら、、、
抗酸化のものを食べても意味ないんじゃ、、、(ひっそり小声)

 

 

 

 

 

 

 

みんな病気になりたくないし健康でいたいから「体にいい」と言われるものは試したいよね。ちほりんもそうだったわよーーー。

 

 

わし、オメガ3の油を飲んだことあるからね!!(うひょー。危険。デンジャー。油を飲むってマジやべぇっす)美味しくなくて1週間でやめたけど(゚∀゚ )

 

 

 

 

オメガ3サプリも3ヶ月ぐらい飲んだわーい(デンジャーその2)

 

 

 

 

生きる気満々でやったことが実は危険だったとは(白目。のちに涙目。そして失笑)

 

 

 

 

 

 

 

油に固執する必要はまーーーーーっったく無いんだよー。

 

 

 

 

 

 

 

・体内では合成できない脂肪分なので外から補いましょう(必須脂肪酸)

・現代人はオメガ3と6のバランスが悪いからそれを整えるために植物油脂を使いましょう(またはそれらを含む食品を食べましょう)

 

 

 

 

 

 

 

 

ってなことは、ほとんどの人が聞いたことあると思います。

 

うむうむ。

 

 

 

 

”必須脂肪酸”なんて言われたら「摂ったほうがいいのかな」って思っちゃうよねー。

 

 

 

 

 

ふふふ。大丈夫よん。

 

 

 

 

 

なんでワザワザ摂らなきゃいかんのだ?

植物油なんてはるか昔、狩猟時代にあったかい?

 

 

 

 

植物油の歴史なんてほんのちょっとだよね。
(はい、”フライパン運動”でレッツ検索ですよっ)

 

 

 

 

確かに脂肪酸は大事だけど、オメガ3・6を外からせっせと摂らずとも体内で自分の必要量はまかなわれとるよ。

 

 

 

 

外から酸化した油を摂ることのほうがよっぽどリスク高し(汗
って言うかリスクしかないっす。

 

 

 

 

その摂取している植物油脂の成分が細胞にべっとりまとわりついてエネルギー代謝落ちるですよ。

 

 

 

エネルギー代謝が落ちるってことは、生きていく力が足りなくなるってことよん(生きていく力が足りないんだもん。そりゃ病気にもなるよね、、)

 

 

 

 

ちほりんが生まれた頃には普通にサラダ油が普及していて、炒め物も揚げ物も普通に植物油脂が使われていたし、

 

 

 

 

植物油脂=ヘルスィー

なイメージだったけど(刷り込みですわよん)

 

 

 

これは戦後からのお話(はい、もう一度。”フライパン運動”でレッツ検索)

 

 

 

これだけ病気が蔓延していて、アレルギー性疾患もいっぱいなのって何だかオカシイよね(; ̄Д ̄)

 

 

 

そこに植物油、オメガ3・オメガ6は深く深く深〜〜〜く関わっておりまする。

 

 

 

 

普通にグーグル検索しただけじゃぁ健康に有用なことしか出てこないけど、油は生活に密着してる分ちょっと気をつけてくんなましよ。

ほんとにほんとに。

 

 

 

 

油選びは超大事よん。特に体調が悪い人は気をつけるのだよー。

 

 

 

 

 

炒め物や揚げ物が食べたいときは、バターや脱臭ココナッツオイルを使ったり、

 

 

 

 

すでにアレルギーや慢性的なトラブルがある方は、まずは自分の代謝を上げるために油を使わない調理方法をしばらくするっていうのも大事だと思うです(ウォーターソテーとか蒸したりグリルなど)

 

 

 

 

自分、健康っす。な人はたまに食べるのは全然構わんのですよー。

 

 

 

 

ちほりんも外食では気にしないようにしてますー(揚げ物は食べないけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

健康のために植物油脂を積極的に使っている方もいると思うけど、そのメガネをちょっと外して別の角度からも見てみてちょんまげ(古)

 

 

 

ちほりんもバターは悪!植物油脂こそヘルシーって思ってたけど、崎谷先生の油の講義や別の生化学講師の方の講義も受けて(わし、バカなので何度も受講しますた)それでやーーーーーーっと理解して、油のヤバさに気づいたときは椅子から転げ落ちそうでしたわ(新婚さんいらっしゃい!の桂文枝師匠ばり)

 

食べ物を見直して、みんなで元気にたくましく生きてゆきましょうねん♡

 

 

前にも紹介してますが、崎谷先生の本はぜひ読んでみてちょー。

「プーファ」フリーであなたはよみがえる! 生命場を歪ませるアルデヒド (健康常識パラダイムシフトシリーズ)

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です