I’m インフルエンザー


ちょっとインフルエンサーっぽく言ってみました。

 

 

こんにちは(*´∀`*)

 

 

インフルエンザ、流行ってるそうですが大丈夫ですかのー。

 

 

 

インフルエンザって言うから何となく「おおごと」っぽく感じるけど、いやそれ、、

 

 

ただの高熱が出てる風邪症状だからねっ!!

 

 

心配しなくて大丈夫。
もしインフルエンザに罹患しちゃったら、とにかく温めて寝る。
これにつきます。(そこに塩と黒糖かハチミツを入れた水で水分補給)

 

 

けっして「熱を下げよう」なんてせず、熱が上がりきるまでおとなーーーーしく寝ているのですよ。

 

 

 

体はフル回転でインフルエンザウィルスと合戦中なので、余計なこと(起きてダラダラするとか、消化の悪いもの食べるとか)しないで静かに戦いが終わるのを待つのだよー。

 

 

子どもがインフルエンザになって高熱が出たら、ママはきっと不安になっちゃうかもだけど「体がインフルエンザと戦ってるんだな」と思って、その戦いを応援するべく 布団をしっかりかけて冷えないようにして体を温めて熱を上がり切らせる、さっき言ったような糖分入りの水を飲ませてあげたり、フルーツを絞った果汁(パックとかのジュースじゃないよ!絞るんだよー!)を飲ませてあげてね。

 

 

インフルエンザになっちゃったら、そんな感じで熱を上がりきらせることに集中してくだされよ。回復したあと、スッキリしてると思います。

 

 

自分の勝手な判断で、市販薬のNSAIDs(エヌセイズ)系の解熱鎮痛剤は絶対に絶対に絶対に絶対に使っちゃダメです!!!!!!!

 

 

  • アスピリン(バファリンA®など)
  • イブプロフェン(イブ®など)、
  • エテンザミド(ノーシン®,新セデス®など)
  • イソプロピルアンチピリン(セデス・ハイ®など)
  • アセトアミノフェン(タイレノール®、小児用バファリン®など多くの市販薬)

などなど。他にもあると思うので、気になったら調べてみてください。

 

 

 

このNSAIDsをインフルエンザのときに使うとインフルエンザ脳症になることがわかっています。

医療ビジランスセンターのこちらも読んでみてねん→

一歩前進したインフルエンザへのNSAIDs解熱剤使用制限「NSAIDs禁忌、アセトアミノフェンのみ」の徹底を

 

 

が、その前にインフルエンザやウィルスにやられないことも大事。

 

 

 

 

ウィルスは湿度の低いところで飛散しやすいので、乾燥が激しいときや就寝中は加湿器を使ってねん。

 

 

湿度が50%以下だったら使ってほしいなぁーと思います。

 

 

そこの妙齢なお嬢さんがたのお肌のためにも(笑)

 

 

結露上等!!!!
ぐらいの気持ちで加湿器がんがん活用してちょーだいな。

 

 

あとは代謝が上がるように筋力をつけるとか生活の見直しとか、そういう基本的なことが大事になってくるけど、ウィルス疾患は誰でもなりうるしさ。

 

 

インフルエンザぐらいじゃー「はいはい。寝てますよー(*´∀`*)」ぐらいの気持ちでおりましょうねん♡

 

ちほりんのFacebookにて精神薬の断薬に関してのことや、何やかんや発信中。フォロー、友達申請などお気軽にどうぞー→https://www.facebook.com/chihojunon

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です