第2回日中お母さんサミット

「第2回日中お母さんサミット」を開催しました!

【日中お母さんサミット】

■テーマ:「マザーハートを広げ、子ども達に安心・安全・クリーンな地球環境を遺そう!」
        ~お母さんも夢を描こう!~
■期日:2010年10月23日(土)午後12時30分開場、1時開演、4時30分終了
■場所 :横浜市神奈川区民文化センター「かなっくホール」(定員300人)
■参加費 2500円 (書籍代含む)
■参加人数 300人
■参加対象者:お母さん他・老若男女問わずお母さんから産まれた人。
■内容
【1部】 日中のお母さんと特別ゲストによるバネルディスカッション
     『子ども達が夢を描くためには、どんな力が必要か?』
    ・特別ゲスト 
     (㈱レバレッジ代表取締役 只石昌幸、㈱ウィル・シード代表取締役 船橋力)
【2部】 ドキュメンタリー映像「お母さんも夢を描こう」上映
【3部】 アトラクション
    ・ママコーラス(宮谷コーラス&コール・ミルヴォワ)
    ・バイオリン演奏 (唐 韻)
    ・日本の心・アジアの美の舞い (HENGMIN & LINA WORLD)
来年へバトンタッチ (マザーニア代表 川上美保)

イベントの様子

会場は横浜の「かなっくホール」。300人収容のホールです。

かなっくホール

裏方を支えてくれるスタッフは約30名。
そのほとんどが、全国から集まってくれたボランティア大学生です。
受付も、感じ良くちゃんとこなしてくれました。

スタッフ

お客さんが続々と入場。

お客さん入場

受付を済ませると、会場に入る前に「ホワイエ」というスペースがあり、
ここでは協賛団体の方による展示を行いました。

ホワイエ

その一つが、障害児のお子さんによる絵の展示。

障害児のお子さんによる絵
空間をステキに彩ってくれました。

第1部

幕が開いて、オープンニングはいきなり、ヒーリングミュージック・・・。 この日のために、わざわざ滋賀県から駆けつけてくださった シンガソングライター・天乃美香さんの歌声で、会場を温めていただきました。 歌詞の一番は中国語で二番は日本語で。 天乃美香さん 続きまして・・・ パネルディスカッション。 「子ども達が夢を描くためには、どんな力が必要か?」というテーマで 日本人と中国人のお母さん、そして有識者のゲストによる楽しいトークショーとなりました。 パネルディスカッション1 パネルディスカッション2

第2部

1部のパネルディスカッションが終わって・・・ このディスカッションの一つの結論が 「お母さんが夢を描けばいい」になるわけです。  (そうすれば、子どももお母さんの後ろ姿を見て、夢を描く) それを受けて、2部では、実際に夢に向かって輝いている何人かのお母さん達の 生き様を紹介した、ドキュメンタリー映像(制作期間2年がかり)を上映しました。 (ちょっと暗くて見にくいけど) ドキュメンタリー映像上映 ドキュメンタリー映像上映 感動して、涙を流している方の姿もチラホラ見えました。 この後は、休憩を挟んで、3部のアトラクションへ突入・・・。

第3部

3部のアトラクションでは、3チームの出演者により、「母の愛と美」を表現していただきました。 1チーム目は、「ママコーラス」。 曲目は“NHKみんなの歌”で有名になった「数え歌」と、山口百恵さんの「コスモス」。 しっとりと、愛情込もった歌声です。 ママコーラス1 ママコーラス2 次は、北京から来日したバイオリニスト(タン・ユンさん)によるクラッシック演奏。 曲目は、有名な「タイスの瞑想曲」と「チゴイネルワイゼン」。 世界最高級の演奏は、絶品でした バイオリニスト タン・ユンさん1 演奏後は、打ち解けてインタビューにも応じてくれ・・・ 意外にも彼、日本のアニメ(特に「スラムダンク」)にハマっているそうです(*^▽^*) バイオリニスト タン・ユンさん2 最後は、ヘンミン&リナワールドによる、日本、アジア伝統の美の舞い。 ヘンミン&リナワールド この演舞の中に、今回伝えたい、すべてのメッセージが込められていました。

参加者の声


「日中お母さんサミット」大成功おめでとうございます!
一体どんな内容になるんだろう、お母さんじゃないけど大丈夫かなと思いながら参加いたしましたが、
始まってみれば、時間はあっという間でした。
とても感動しました。
また、唐 韻さんのヴァイオリンには聞き惚れました。
本物の凄さの実感をしました。
とても良い刺激を頂き感謝しております。
(20代 会社員 男性Kさん)


「日中おかあさんサミット」素晴らしかったです。 ディスカッションも内容の濃いものでしたし、配役がとてもすばらしかった! 偏ってなく、個性豊かな国際色豊かな方でとてもよかったです。 ドキュメンタリーも素晴らしかったし、とにかく全てが素晴らしかったです。 (40代 経営者 女性Tさん)
お母さんの力。男性にはない能力。 争うことではなく愛で世界平和に導く考えにとても共感しました。 コーラスも地域密着型でとても良く、バイオリンも素晴らしかったです。 僕の母の愛をたくさん受けて育ちましたのでとても共感しました。 (30代 経営者 男性Mさん)
私も1人の母として参加させていただきました。 伝わってきたことは、主婦でも仕事を持っているお母さんでも 何かをやろう!と思えば(=夢をもって)できるんだ!ということ。 お母さん達はすばらしい感性と母性を持つ創造の主でもあるんだということ。 未来を担う子供達を育てていることだけでも 自信をもって生きていいのだということを改めて実感できた時間でした。 お母さんのネットワークも、もっと私の身の回りのママ友にも広げたいという気持ちにもなりました。 また、わが子に自分の背中を見せているのだと思うと身が引き締まる思いです。 (40代 会社員 女性Mさん)
「おかあさんの力」の凄さを改めて感じされられるイベントでした。 (四柱推命の観点でいうと)、この日は、丙午(ひのえうま)の日で特別な意味がありました。 正に太陽が頭上真っ直ぐ垂直にくる、正午定着の日という意味合いがありました。 さらに寅年、戌月、午の日で、完全三局していて、燃え上がる火の勢いが最大の日でした。 真っ赤な色がこの日のイメージカラーでしたが、正にそのようなエネルギッシュなイベントになりましたね。 真っ赤なイメージの男性も一人いましたが、この方が重大なポイントを握っていたと感じました。 とにかく凄いパワーを頂きました。ありがとうございました。 (40代 四柱推命鑑定士 男性Hさん)
素晴らしい企画で1日楽しい思いを致しました。 今まで男性の社会で69歳まで来ましたので女性、母親の感性は、稀薄でしたが 今回ゆっくり拝聴し、勉強いたしました。 短期間でここまでやり遂げたことは、しっかりした目標があり、ここに懸ける情熱であり、大きな財産です。 日本と中国は、世界では稀な長い歴史があり、 一衣帯水と言われてきたことを忘れたかのような現状を垣間見ると情けない思いがしますが、 「日中お母さんサミット」の日中に重みを感じます。 日本と中国の関係が、世界にとって益々重要となる時代が到来することでしょう。 今後、それまでは、第2回、第3回と平和を掲げるお母さんサミットであることを念願しています。 (60代 経営者 男性Mさん)
お母さんサミットと聞いて、「お母さんじゃないけど大丈夫かな? 一体どんなことをするんだろう?」と期待を胸に膨らませて参加してきました。 良い意味で期待を裏切ってくださり、多くの感動と気づきをたくさん頂きました。 何が良かったの?って言われると、全部良かったと言います。 印象的なのは一つのテーマについてお互いに意見を言い合うパネルディスカッションでした。 目の前で繰り広げられるディスカッションのレベルがあまりに高く、多くの刺激を頂きました。 映像も良かったです。 鶴岡秀子さんの「自分を信じることから全ては始まる」 これは一生忘れられない言葉となりました。 僕は自分を信じることに決めました。 そしてヴァイオリニスト 唐 韻'(タン ユン)さん。 あの音色には驚きました。 繊細で優しくて、艶と伸びのある音。まるで背中に翼が生えたかのような感覚です。 音に浸るひととき。感動でした。 これらのことが宮本ゆかりさん一人から始まり、これだけの人を動かしたということはあまりにすごいことです。 一体どれだけの困難を越えて来られたのでしょうか・・・ その精神を少しでも吸収したいと思います。 そして、運営スタッフの皆さんもとても良い顔をしていました。 夢や希望というのはこんなにも明るく人々の顔を照らしてくれるもなのだと改めて思いました。 僕も、目標をしっかり定め努力していきます。 (20代 ミュージシャン 男性Kさん)