あぁペットボトル


ゴールデンウィークも後半戦。

楽しく過ごしておりますかい??

 

 

ちほりんち、お出かけするときに持っていく500mlのペットボトル入りミネラルウォーターがストックしてあるんだけど、このゴールデンウィーク中 夫がそのペットボトルの水ばっかり飲んでいます(; ̄Д ̄)

 

 

理由は聞いてないけど、たぶん彼ならこう答えるだろう
「いちいち席を立つのが面倒くさい」もしくは「体にいいと思って」とかなんとか。はは。

 

 

 

てゆーかてゆーか、

えーーーっと、あなたのその飲んでるお水は、、、

 

 

「死んでますよ(꒪⌓꒪)」

死んだ水ですよ、死んだ水(大事なので2回言いました)

 

 

ミネラルウォーターなんて響きがいかんのよね。

なんだか体に良さげ??って感じだもんね。

 

 

ちょっと検索しただけでも

「この水には◯◯成分が何倍入っています」

「地下水脈◯メートルから汲み上げたナントカカントカ、、、」

みたいなサイトがたくさん出てくるけど、うーむ。

 

 

中には「え、水なのに高額すぎない??」みたいなものもあるけど、

ペットボトルに入ってる。っていうことを考慮してくんなましよ。

 

 

 

 

 

ここでは水そのものについては触れないけど(安くていいから浄水器はつけようぜぃ)、じゃぁ何でペットボトルがダメなん??死んだ水なん??ってところを説明しよう!!

 

 

 

 

 

お気づきの方も多いと思うけど、ペットボトルはプラスティックじゃんねー。

プラスチックの中でも熱に弱いものと強いものがあるんだけど、ペットボトルは熱に弱いチーム。

コンロの横とか、あっつーい場所に置いてあったペラペラのプラ容器がふにゃふにゃになってることなぁい?

 

 

 

 

プラ容器やプラスチック製品は陽に当たったり、温められることで簡単に石油成分が溶けだします(汗)←1回の量はもちろん人体に影響のない程度だけど、でも溶け出してるよっ!!!積み重なることが危険。

 

 

 

 

 

普通のペットボトルの耐熱温度は50度。

オレンジ色のキャップのホットドリンク用のペットボトルの耐熱温度は85度。

 

 

 

 

 

真夏に車内に放置しておいたペットボトル、、、

冬にヒーターの近くに置いておくとか、、

ど、どうじゃろかい(; ̄Д ̄)

 

 

 

 

スーパーに売られてるペットボトル飲料は工場からトラックで運ばれるけど、陽の光を浴びまくってるトラックの荷台内の温度って相当に上がるそうなので(特に夏場)その時点でもう中々にアウトじゃないのかい、、。

 

 

 

 

ウォーターサーバーにも同じことが言えて、メーカーや会社側でキッチリと温度管理された専用車で運んだり、徹底しないと安心できねぃのは気にしすぎじゃろかヾ(´∀`o)

 

 

 

 

今、すごくすごく不妊で悩んでる人が多いよね。

婦人科系の病気も多いし、ガンやADHDと呼ばれる症状、などなど。

 

 

 

 

これらの病気や症状にペットボトル(プラスチック製品)が絡んでるのだよ、、、。
(気になったらば”環境ホルモン プラスチック” ”ペットボトル 石油”などで検索ちゃんですよっ)

 

 

 

 

会社や学校で毎日ペットボトル入り飲料を飲んでる人も多いと思うけど、なるべくなるべくマイボトル(プラスチックじゃないやつね、、汗)を持ち歩くとか、意識してペットボトルやプラ容器ものは避けたほうが無難っす。(ちほりんは荷物が多い日や旅行に行くときはペットボトル、普段はマイボトルな生活を心がけとります)

 

 

 

 

プラスチック問題はペットボトルだけに限ったことじゃないけど、プラスチック容器に入ったもので直接口にするものについては気をつけるのだよーーーー(コンビニ弁当とか、哺乳瓶やお弁当箱などなど)

 

ではでは、楽しいゴールデンウィークをお過ごしくだされぇぇぇぃ♡

プラスチックのリサイクル。20のはてな?ホームページより抜粋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です