おせちも良いけど読書もね


いやーー2018年が暮れゆきますなー。
「今年こそ、今年こそゆっくり過ごす!!」と願いつつ、この気ぜわしい感じに巻き込まれとります。いぇぃ。

 

 

お正月休みは意外とのんびりできない方もいらっしゃるかと思いますが、ちほりん的冬の推薦図書の紹介でごわす。

 

 

読書は知的好奇心を満たしてくれる&脳の活性化にも繋がるので1ページでもよいので読んでくだされよ(*´∀`*)

 

世間では「これを食べればガンが治る」とか「糖尿病にならない」やら「高血圧にはこの食べ物」や「ふくらはぎを揉め」笑。などなど、もうとりあえず病名くっつけてタイトルにしときゃー内容が薄くても売れる健康系の本が大量でござるねぇ。

 

えーーーと、、
そ、その本を読んで健康になったんじゃろか?

 

そうじゃなくてさ、もっと体全体の動きとか本質を見ていかないと、もしその病気が治った(ように見えるだけ)としても、新たな病気になるリスクが高いよ(汗)

 

 

この世の中を元気に生き抜くためには完全な治癒・再発をしないこと、を目指さないとー。

 

 

と、言うわけで
一番注目してほしいのは「植物油脂」と「糖質」。

 

 

これを知ると、世の中で「バターが悪い」とか「砂糖のとりすぎはよく無い」って言われる本当の意味が見えてくると思うのです。ふふふ。

 

 

一昨年・昨年と、パレオドクターの崎谷博征先生の生化学をガッツリと学んで「生化学の本質をわかっているドクターってどのぐらいいるの??」って思うぐらい目から鱗な学びを得ましたよ。

 

 

その崎谷先生が書いた本の中でぜひとも読んでほしい2冊のご紹介

 

 

「プーファ」フリーであなたはよみがえる! 生命場を歪ませるアルデヒド (健康常識パラダイムシフトシリーズ)

 

 

 

今やあらゆるものに植物油脂が使われて、挙げ句の果てに「オメガ3が血液をサラサラにする」とか健康にいいなんて言われて、なんと赤ちゃんの粉ミルクにまで入ってるのですよ(泣)←これほんとにダメ!!!!!!

赤ちゃんの将来が心配、、(アレルギー持ちとか病気がち、発達障害(そんな障害はないけど)など色んな不安要素ありです)

 

 

 

オメガ3・オメガ6ともに排出されずに溜まってしまい、アレルギーや慢性疾患といった炎症を起こす引き金となるもの。

 

 

 

現代人はこの油を取りすぎてますです。
ちほりんもオメガ6(サラダ油・マーガリン)満載な給食で育っているので、体が油漬けです(꒪⌓꒪)

 

 

 

いろんな加工食品に「植物油脂」って書かれているし、外食すればもう植物油脂に関しては避けられない、、。

 

 

 

ならば自分でどうやって対処するか?を身につけることは大事ですわん。

 

 

 

油は本当にヤヴァイ。
この病気だらけの世界に油は絶対に関係してるよなぁっていうのは優生学(気になったら調べるのですぞー♡)に繋がってきますです。

 

 

 

さて、2冊目はこちら↓

 

 

 

糖尿病は砂糖で治す! (健康常識パラダイムシフトシリーズ3)
﨑谷博征
鉱脈社 (2017-09-21)
売り上げランキング: 106,454

 

 

 

なんとも刺激的なタイトルだけど、ほんとにこのタイトル通りだから仕方あるまい(笑)

 

 

 

健康になってもらったらお金が儲からずに困る人たちがいるから(薬を作ったり売ったりしてる人やその上の人たち。こちらも気になったら調べるのですよー)”砂糖はダメ”とか喧伝するんですわ。

 

 

 

ダイエット産業は儲かる産業ですから、砂糖(糖質)を取れば太る・病気になるっていうイメージを作っておけば避けるよね。(ダイエットなんて異様に太ってる人以外はマジで必要ないと思ってますよ、ちほりんは。特に若い子と更年期世代の女子)

 

 

 

砂糖に対してなんでそんな悪いイメージを作るの?

 

 

 

答えは簡単。
砂糖(糖質)を取ると細胞のエネルギーになり元気になるから病気知らず
薬が売れない
困る人たちがいる。ってことっす。

 

 

 

糖質制限やオメガ3サプリを飲んでる人は読めば読むほど白目むきたくなるかもですが、今なにか疾患があったり体調がずっとすぐれないなー。って思い当たる節があるのならば、この2冊は絶対に読んでおいたほうがいいです。

 

 

 

医療従事者向けに書いた本ですが、なるべく私たちでもわかりやすいように書いてくださってますー。

 

 

 

つーわけで、お正月になんか変なもんいっぱい食べて調子わりー。な人も「もしかしたら原因は油かも?」なんて思いながら読むのもよいかとー。

 

 

 

なるべくなるべく、不自然なものを避けていこうではないかー。
目先の健康に捉われてはならぬー。自分の細胞を忘れてはならぬー。

 

 

 

2019年も元気な心と体で、さらに逞しく生き抜いていきましょうねん♡

 

 


おせちも良いけど読書もね” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です